使用鍼

始めに

現代で主に使われている鍼は「毫鍼」とよばれる物です。これは中国の黄帝内経霊枢の九鍼十二原篇、菅鍼篇、九鍼論篇に記載されている古代九鍼に由来します。
霊枢というと漢代に書かれた書物といわれています。江戸時代(徳川吉宗の時代)に書かれた「鍼灸重宝記」にも毫鍼の図がありますが、現在とほぼ同じ形状です。
江戸時代初期に杉山和一が「鍼管」という物を考案しました。これは鍼を細い管(鍼の長さより5mm程度短い)に入れて鍼を刺入することで、刺入時の痛みを少なくして、細い鍼でも刺しやすくする利点がありました。
現在では鍼と鍼管がセットになって販売されている鍼も多くあります。

鍼の区分

鍼は鍼柄と鍼体に分けられます(下図参照)。
鍼柄はいわゆる「操作する部位」で鍼体の操作や保持、刺入する時に使用します。鍼柄と鍼体の接合は「カシメ式固定」と「捲線式固定」、「成形式固定」に分けられます。
カシメ式は金属の鍼柄に多く、捲線式固定は中国鍼に多く、成形式は単回使用鍼に多い傾向があります。

鍼の先端を「鍼尖」といい、その形状は大きく分けて5種類に分けられます(下図参照)。

  • 松葉形:ノゲ形に丸味をもたせたもので、刺入しやすく痛みも少ないのが特徴です。
  • 柳葉形:ノゲと松葉の中間の形にしたものをいいます。
  • 卵型:松葉形より先端に丸みをもたせたもので、刺入の痛みは少ないですが組織が硬いと進まなくなります。
  • ノゲ形:撚鍼法(鍼管を使わない刺入)で刺入しやすいですが、刺入技術が未熟だと痛みを伴いやすい特徴があります。
  • スリオロシ形:鍼体の途中から徐々に細くしたもので、現在はほとんど製造されていません。


鍼の材質

鍼灸鍼で最も良く使用されるのはステンレス製の鍼です。その他は金鍼と銀鍼がありますが、限られた鍼灸院のみ使用されています。
ステンレス鍼の鍼体の材質はFe(鉄)、Cr(クロム)、Ni(ニッケル)を主成分とした合金です。製造メーカーにより成分の割合は異なりますが、施術を行う上で性能の差は無いです。
金鍼はAu(金)を主成分とし、Ag(銀)、Cu(銅)、Zn(亜鉛)を含有した合金です。
銀鍼はAg(銀)を主成分とし、Cu(銅)、Zn(亜鉛)、Ni(ニッケル)を含有した合金です。銀鍼はメンテナンスを怠ると錆びやすく、管理に注意が必要です。

鍼の長さと太さ

鍼の長さと太さは、1986年4月1日から全日本鍼灸学会で定められたメートル法が用いられるようになりました。分寸法は旧来の呼称ですが、養成校でメートル法と分寸法、どちらも習うため、業界ではどちらの呼称でも通じます。
新規格による鍼体長は10mm~150mmまで10mmごとに定められています。15mmと75mmはイレギュラーにあります。旧来の呼称だと1寸は30mm、2寸は60mm、2寸5分は75mm、3寸は90mm、4寸は120mmに相当します。おおむね日本で主に販売されているのは30mm~75mmまでの鍼です。

次に太さですが、0.1~0.5mmまで0.02mm間隔で分けられています。呼称はmm標記と番手標記があります。
00番は0.12mm、0番は0.14mm、1番は0.16mm、2番は0.18mm、3番は0.20mm、4番は0.22mm、5番は0.24mm、8番は0.30mmというように対応しています。
国内で流通しているのは主に0.12mm~0.30mmまでとなります。

中国鍼の方が多種類の長さ、太さの鍼が流通しています。鍼体長は15mm~150mmまでのものがあります。また、太さは0.22mm(35号)~0.45mm(26号)まで0.02~0.03mm間隔で設けられています。日本と異なり号数が低くなるほど鍼は太くなります。

当院の使用鍼

当院で使用する鍼は全てステンレス製です。

私が臨床で最もよく使用するのは50mmと60mmの鍼です。
当院では40mm~120mmの鍼を用意しており、疾患や体格により深い層までケースバイケースに使い分けて施術しています。

太さは、当院では5番(0.25mm)~8番(0.30mm)までの鍼を良く使用します。
当院に来院される方で鍼治療が未経験の方や虚弱体質の方にはまず5番から始めます。5番で1本打ってみて、「これで大丈夫ですか?」と確認してOKであったら、その鍼を使用します。仮に「刺激が強いです」という場合はもっと細い0.20mmか0,18mmで鍼を打ってみます。刺激の感受性は個人差が大きいため、常に状態を確認するということを大切にしています。

深層筋の場合は100mm以上の長さが必要になる場合があります。狙った発痛源に鍼を入れるため、又は安全上、鍼の直進性が求められる局面では、0.35mmの太さを使用することもあります。

長い鍼を使う以上、最大限安全性を担保した上で施術していることをご理解ください。